問題解決・提案Problem solving / proposal

彫刻型とエッジング(ピナクル)刃
違いについて2020.09.29

(株)塚谷刃物製作所様のピナクル型に
代表されるエッチング刃(腐食刃型)と、
弊社の彫刻刃型の違いについて質問を多く頂きます。

基本的に同じマシニング機械による
削り出しで刃を形成し、
刃先仕上げ等が各社で違ってきます。

弊社の彫刻刃型と
エッチング刃(ピナクル型)刃型の
大きな違いは以下の通りになります。

1.任意の刃高(高刃仕様)
  エッジング刃の刃高は一定。
 彫刻刃型は任意の刃高を設定できます。
 10mm以上の高刃 実績があります。
 厚い材料(ゴム/樹脂)など幅広い分野で使用されています。

2.任意の刃角・刃形状
  エッジング刃は刃角/刃形状が一定です。
 彫刻刃型は刃角/刃形状が任意で設定できます。
 ・0.1°単位の刃角設定
 ・内角と外角の異角刃
  ・片刃・のこぎり刃・2段刃・3段刃など
  材料に合わせた刃形状を提案します。

※のこぎり刃形状

3.鋼材の選択
  エッジング刃の鋼材は一定です。
 (※参照:ピナクル硬度:HRC46)
 彫刻刃型は加工材料に合わせた鋼材を選択できます。
 例えば鋼材の中で最も硬いハイス鋼(HRC65)の選択により
  耐摩耗性を大幅に向上させる事が出来ます。

4.トムソン型との組み合わせ(彫刻トムソン型)
    エッジング刃とトムソンのベース厚みに差があるので、
 トムソン型との組み合わせは困難です。 
 一方、トムソン刃物を彫刻刃型を組み合わせが可能
 従来のトムソン刃では曲げが出来ない形状に対応します。
 (特許取得済)

5.立体形状刃
   立体的成形品に合わせた立体刃型・打ち抜きに対応します。

6.鏡面仕上
   特殊な仕上げ加工を施す事で、
  刃先面粗度を1/10に向上させました。
  面粗度向上→切断面向上につながります。


7.表面処理(コーティング)
   非粘着・耐摩耗性向上など、昨日に合わせた
  様々な表面処理コーティングに対応します。


 以上、彫刻刃型メーカー全てが、ミラー仕上げや
立体刃型など対応できる訳ではなく、あくまで弊社の彫刻刃型の
特徴です。
 特にトムソン型と彫刻刃型を自社内で製造し
幅広い提案できる技術を持つのは国内で弊社のみです。
 

 ピナクル刃(エッチング刃型)では出来ないけど、
こんな仕様できる?など
お問合せお待ちしております。