問題解決・提案

2019年06月23日

木型の寸法精度でお困りではありませんか?独自の新構造型で高精度を実現

 近年、トムソン型は液晶フィルムなど
光学系フィルムの加工に使用されるなど
高い寸法精度が求められています。

 一方で、
・寸法精度のバラツキが大きい。
・先月は問題なかったのに、今日使ったら精度が外れている。
 
こういった問題は多く見られます。
 トムソン型にとって寸法不良は大きな問題です。

この要因はベースに木(ベニヤ)使用しているためです。

説明するまでもありませんが、
木(ベニヤ)は
組織が不均一で個体差があり、
温度・湿度の影響でソリ・伸縮・歪みが必ず発生します。

  
また、金属に比べ剛性が低いため刃物の保持力が弱く
細かな刃組では変形したり、
プレス加工の衝撃で刃物が動き寸法がバラツキます。

よって、私たちは
「木(ベニヤ)」ベースではなく、

「金属(金属プレート)」ベースや
金属を削りだした「彫刻刃型」でなければ、

1/100㎜単位の高い精度が求められる抜型実現は不可能と考えます。

※詳細は下の図をご参照ください

資源保護の視点からも
「木」からリサイクル可能な「素材(金属)」へ転換を
進めて行く必要があると考えます。


初めてトムソン型を使う方から、
「木(ベニヤ)で寸法出るの?」と聞かれた事があります。

精度を売りにしている抜型メーカーでも
普通に「木型」と呼んでいます。
トムソン抜型=木(ベニヤ)を使うものと、
思い込んでいるのは、我々
抜型業界かも知れません。

(株)高橋型精は、精密抜型の抜型業界の常識
「抜型」=「木型」という固定概念を変え、

精密抜型の新たなスタンダードの抜型を提案します。

一覧に戻る