問題解決・提案

2019年08月16日

高寸法精度抜型の実現③

~ベニヤ溝ーアルミ溝比較~

抜型はレーザーでベニヤに溝を作り、
溝通りに曲げた刃物を埋め込んで作ります。

刃物を寸法通り曲げ・切断する技術は
抜型製造にとって非常に重要で、
弊社では経験を持つ技術者が担当しています。

しかし、どんなに精度よく曲げた刃物も
ベース溝精度が高くなければ、
刃物は溝に倣(なら)って
歪んでしまいます。


また剛性が弱いとプレス加工の衝撃で刃物の動いてしまいます。


従来ベニヤにレーザーで小径の凸形状の溝加工(溝幅:0.7㎜)しました。

Exif_JPEG_PICTURE

ベニヤは素材自体が均一でないため、レーザー加工溝は一定ではありません。
またレーザーで焼く加工になる
ため、加工面が焦げて炭化してしまい
素材強度が低下します。

ご使用されるお客様の方では、刃物が溝に入った完成型で溝のみを
見る機会はあまり無い思いますが、実際、刃物を入れるベニヤ溝は
この様な状態になっています。


この溝に入れた刃物で、0.01㎜単位の寸法を実現出来るでしょうか?
(特に短い刃物の)強度は保てるでしょうか?


同形状をアルミベースで作成しました。

Exif_JPEG_PICTURE

アルミベース溝は、均一な溝が出来ているのがわかります。
またレーザーとは違い機械加工で溝を形成するため、
加工面が炭化する事はなく,微細な形状でも強度を保つ事ができます。

高精度の精密刃型には金属ベース抜型を提案します。

一覧に戻る