問題解決・提案

2019年08月27日

印刷や製品パターンへの抜き位置合わせでお困りではありませんか?

高精度位置決めプレスで解決します

抜き加工は様々な業界で使用されています。
中には印刷やパターンに合わせて外形抜き加工を行いたいというニーズがあります。

・光学フィルム、電子回路基板など位置精度を必要とする電子機械
・IDカードなど磁気記憶部位の位置決め

従来の方法ではプレス機への物理的なガイドやあらかじめ設けた穴と型のガイドピンを合わせて加工を行うことが一般的です。
物理的な方法ではガイドへの接触やピンや穴の精度により位置ずれが発生することがあります。

弊社の高精度位置決めプレス加工では印刷やパターンにアライメントを付与することで
CCDカメラによる画像認識で位置合わせを行います。

非接触のため繰り返し機械精度±0.05mm(アライメントと印刷の精度ズレが無い想定)を実現できます。
ピン穴による位置合わせのように事前の穴加工が不要なため工程も削減できます。



材料や加工条件を制限した環境では0.02mm(カットラインと印刷ずれ許容)の加工実績もあります。

抜き加工において位置決めにお困りの際は是非お声がけください。

一覧に戻る