問題解決・提案Problem solving / proposal

  • トップ
  • お知らせ
  • トムソン刃物【両刃】と【片刃】の違いついて②
    【トムソン両刃を使用する訳】

トムソン刃物【両刃】と【片刃】の違いついて②
【トムソン両刃を使用する訳】2021.08.23

前回は、トムソン刃 【片刃】と【両刃】の違いについて
説明させて頂きました。

【片刃】の方が、切断時に製品へストレスが掛からず、
 ストレート端面/切断面向上になる一方で、
【片刃】使われていない理由は、ズバリ【(曲げ)R形状】です。

 片刃は刃先がセンターからずれているので、
【左曲げ】と【右曲げ】で同じ様に曲げても
【曲げR】が異なる大きさ・形状になります。


↑左曲げ


↑右曲げ

片刃の【左曲げ】【右曲げ】でR形状が大きく異なる事が見て
分かると思います。

このため,曲げ形状(R形状)を均一に作るために、
【両刃】を使わざるを得ません。

一方、(株)高橋型精の彫刻刃型は、
鋼材から削り出して作るので、
【片刃】が基準(スタンダード)です

また、弊社の彫刻トムソン(刃物+彫刻ブロック)を
組み合わせて使う事で、トムソン【片刃】を使用出来る様になります
(詳しくは、次回のブログで紹介します。)