問題解決・提案

2019年12月06日

多数穴抜きでお困りではありませんか?

吸引仕様 高精度スチールダイ

 多数個穴抜型の需要が増えています。
 ・抜き
カス処理
 ・ピッチ精度
 ・製品離型(はまり込み防止)など多くの課題があり、
難度が高い抜き加工です。

 金型パンチ・ダイによる穴あけ加工では、せん断加工のため
バリ発生し易く、またイニシャルコストも高額です。

 小量多品種化している日本のものづくりには
マッチングし辛くなってきているといえます。

 

 他社抜型メーカーのベニヤ(合板)ベース抜型と
弊社の高精度アルミベース比較です。


写真の様に穴間が近い場合、他社製のベニヤ(合板)では保持力が弱く、
使用中に丸刃位置ズレ・丸刃・ベニヤが破損しているのが確認できます。

一方、弊社の高精度アルミベース+丸刃(多数個穴)抜型は、
高いアルミ強度により、穴同士の間隔が狭い多数個穴でも、
百分の一ミリの寸法精度をクリアーします。

この様に弊社の高精度アルミベース抜型は、
はまり込みが懸念される2mm以上の厚物材でも
離型用ゴムなど組み合わせ、はまり込みのない
多数個穴加工を実現します。

抜きカス処理については、自動でカスを吸引する
「バキューム吸引」仕様です。
バキューム吸引装置を含めたご提案は、
新たな追加設備なく、現在ご使用のプレス機で加工できます。

ご予算や精度に合わせて、最適な仕様をご提案いたします。
多穴抜きでお困りの際は是非お声がけください。

一覧に戻る