問題解決・提案

2020年08月01日

プレス機選定のための荷重測定で確実な機種選定をサポートします

【荷重測定機/抜型/抜き加工】

新しい加工の検討において、プレス機の選定が重要になります。
駆動方式やワークの供給方式、当て板の管理方法、
設置可能な型サイズ(=加工サイズ)など要素は多岐に渡ります。
今回取り上げるのはプレス推力です。

ワーク加工に必要な
推力値だけでなく。
刃長や密度(形状の集まり方)、ゴムの面積、硬さなど要素の組み合わせにより必要な推力は変化するため
本生産に近い条件下での確認が望ましいです。
プレス機は推力値に比例して高額になるため、加工に必要推力+余裕をもったプレス選定が重要です。

弊社では試作時より加工条件・品質確認などを量産加工に向けて一貫してサポート致します。

先日、お客様のご依頼で、プレス推力を本番に近い条件下で確認・評価致しました。


推定推力の大きさにより3機種から選定いたします。
いずれも測定結果をグラフなどで出力し、報告書として提出することが可能です。

グラフの読み取り方などもサポートさせて頂きます。
(どの部分で製品が抜けて、どの部分で当て板に干渉しはじめたのか、など)

プレス機の選定(荷重の選定)でお困りの際は是非お声がけください。

一覧に戻る